基本ポリシーPOLICY

輸送の安全に関する基本方針

 当社は、『人と地域に貢献』ー之を経営理念とし、安全は最大の顧客満足であることを認識し、関係する法令などを遵守し全従業員が常に輸送の安全の確保と向上に努めます。

 社長及び経営者は、輸送の安全確保が業務の基本であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的名役割を果し、また、輸送における安全に関する声に真摯に耳を傾け、輸送現場の状況を十分に踏まえ、全従業員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底する。社内の意思の疎通を積極的に図ることで、本社と現場の円滑な連絡体制を確立し、輸送の安全確保に取り組んでまいります。

 輸送の安全に関する計画の策定、実施、改善を実行するとともに安全対策を常に見直し全従業員が心を一つにして業務を遂行し、輸送の安全の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報を積極的に公表します。

輸送安全基本方針

  1. 安全が業務の基本動作であることを社員に徹底します。
  2. 社内の意思の疎通を図るために、経営陣自らが現場に出向き、透明性の高い職場づくりに努めます。
  3. 常に安全意識を高く持ち、社会の変化に対応しつつ確固とした体制を目指します。
  4. 安全に関する教育、訓練、研修等を適時適切に実施します。
  5. 輸送の安全に関する取り組み状況等の情報について、積極的に公表します。

輸送の安全に関する目標

平成27年度重点スローガン

事故件数ゼロを達成しよう ・速度超過、飲酒運転の撲滅

1)長期目標  重大事故ゼロの達成
2)平成26年度(平成21年4月1日~平成26年3月31日)目標及び前年度達成状況(平成22年Gマーク取得後)

年度 事故の種類 目標 結果 達成度
平成21年度 人身事故 0件 0件 達成
物損事故 0件 0件 達成
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件 0件 達成
平成22年度 人身事故 0件 0件 達成
物損事故 0件 0件 達成
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件 0件 達成
平成23年度 人身事故 0件 0件 達成
物損事故 0件 0件 達成
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件 0件 達成
平成24年度 人身事故 0件 0件 達成
物損事故 0件 0件 達成
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件 0件 達成
平成25年度 人身事故 0件 0件 達成
物損事故 0件 0件 達成
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件 0件 達成
平成26年度 人身事故 0件 0件 達成
物損事故 0件 0件 達成
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件 0件 達成
平成27年度 人身事故 0件
物損事故 0件
自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件

※平成27年4月1日現在の結果、平成21年度から平成26年度における、「自動車事故報告規則第2条に規定する事故」及び人身事故ならびに物損事故はありません。

3)安全確保に関する投資

○平成20年 2月 車線逸脱警報装置付き車両1台導入
○平成21年 8月 車線逸脱警報装置及び後方視界補助装置付き車両1台導入
維新1号
9月 低排出ガス車認定車両 1台導入
○平成22年 9月 車線逸脱警報装置及び後方視界補助装置付き車両1台導入
維新2号
○平成23年 4月 大型車両後方視界補助装置追加設置1台
○平成24年 3月 車線逸脱警報装置及び後方視界補助装置付き車両1台導入
維新3号(萩往還号)完成
○平成25年 6月 車両総重量8t以上の大型車輌にデジタルタコグラフを導入
○平成26年 7月 車線逸脱警報装置及び後方視界補助装置付き車両1台導入
文と萩物語号
8月 車両総重量8t以上ドライブレコーダー導入
○平成27年 3月 低排出ガス車認定 低温輸送車1台導入
低排出ガス車認定車両 積載車セルフローダー1台導入
4月 ドライブレコーダー追加導入

輸送の安全に関する計画

1)輸送の安全に関する重点項目
  • 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全理規定に定められた事項を遵守する。
  • 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努める。
  • 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有する。
  • 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施する。
運輸安全マネジメントの公表(本店営業所内掲示)

運輸安全マネジメントの公表
(本店営業所内掲示)

2)輸送の安全に関する計画

[安全管理体制の構築]

  • ヒヤリハット体験を集積し事故防止に活用する。
  • 春・秋全国交通安全運動に協力する。
  • 事故報告書を公表し、事故惹起者と共に全社で原因の追究と再発防止を検討する。
  • 点呼時おけるアルコールチェックの確実実施(出庫時:全乗務員 帰庫時:全乗務員)。
  • 業務日報などで勤務時間をチェックし過重労働を防ぐ。
  • 乗務員とのコミュニケーションの充実により乗務員の心身の状態を把握し事故を未然に防ぐ。
  • 適正診断結果に基づき個人面談と適切な対応を行う。

[車両整備の徹底]

  • 車輌の運行前点検を確実に実施する。
  • 車検・法定点検を確実に実施する。

[教育及び研修]

  • 「事故防止対策マニュアル」使用し、半年に一度安全教育を実施する。
  • 「安全対策会議(安全に関するQC活動を含む)」を3か月に一回実施する。
  • 荷主主催の「安全対策会議」に積極的に参加する。
  • 月例事故防止会議に各ドライバーからヒヤリハット体験を報告させる。
  • 定期的に「運転記録証明書」を取り寄せ、事故、違反実態を把握し個別指導する。
  • 定期的に一般診断などの適正診断を受診する。
  • 新人には新人乗務員研修会(随時)を実施する。
  • タコグラフ、業務日報を使用し、最高速度、休憩時間、連続走行時間など個別の指導教育を行う。
  • 事故報告書を休憩室に設置し乗務員が閲覧できるようにし、各自の事故防止に役立てる。